ビタミンC誘導体とは?

ビタミンC誘導体というと最近では、化粧品に含まれている成分として人気の高いものとなっています。

美白効果などを期待してビタミンC誘導体の入っている化粧品を選ぶようにしているという人も多いでしょう。

ビタミンC誘導体は、ビタミンCを変化させたものとなります。ビタミンCは活性酸素の除去などで知られている成分となり健康、美容に欠かすことのできないものとなっています。

このビタミンCをしっかり肌に届けるために作られたのがビタミンC誘導体となります。


なぜ、ビタミンC誘導体?

m004-035

ビタミンCが美容にも良いことはわかっているのですが、いくつかの特性のためにうまく活用することが難しくなっていました。

その特性となっているのが、

  • 空気に触れると酸化する
  • 水に溶かすと効果が失われる
  • 肌に吸収されにくい
  • 濃度を濃くするとひりひりする

といったことになります。これでは、なかなか化粧品として役立てることは難しくなりますよね。そこで登場したのがビタミンC誘導体であり、ビタミンCの弱点となっている点を改善したものです。

ビタミンC誘導体は角質層までの浸透をよくしており、悩みの種となるメラニン色素のそばでビタミンCとなり、有効な働きをサポートします。


ビタミンC誘導体の種類

ビタミンC誘導体といっても、実はいくつかの種類があり、それぞれで特徴となるものにも違いがあります。違いを知ることで自分にとって必要なものがどれであるのかを判断することができます。

逆に言えば、良くわからないままに使用しているとせっかく良いものも、思うような効果を得ることができないということになります。

さて、ビタミンC誘導体の種類ですが、

  • 水溶性ビタミンC誘導体
  • 脂溶性ビタミンC誘導体
  • 新型ビタミンC誘導体

の3つがあります。


ビタミンC誘導体の種類と特徴

m004-035
  • 水溶性ビタミンC誘導体
  • これはもっとも一般的なビタミンC誘導体です。リン酸アスコルビルナトリウムやリン酸アスコルビルマグネシウムといったものがこれにあたります。水溶性ビタミンンCの場合には何といっても即効性が高いということから人気があります。短期間で吸収させるのでよりはなく効果を期待することができます。ただし、皮脂の分泌を押さえる働きがあるので肌が乾燥しやすくなります。乾燥肌の人などは他を考えた方が良いかもしれません。

  • 脂溶性ビタミンC誘導体
  • もともと水溶性のビタミンCに油分を結合させたものとなります。テトラヘキシルデカン酸アスコルビルやパルミチン酸アスコルビルと言ったものがこれになります。肌への刺激が少ないことと真皮にまで浸透するというのが特徴となっています。即効性に関しては水溶性より劣りますが、保湿力も高くなっていますから、乾燥肌の人や肌トラブルの多いような人にお勧めとなります。

  • 新型ビタミンC誘導体
  • 進化型ビタミンC誘導体などとも言われているものになります。新型の名の通りもっとも新しいビタミンC誘導体となり、水溶性の即効性という特徴と脂溶性の浸透力の高さの両方を持ち合わせたものとなっています。気になる肌への刺激や乾燥も心配することなく使用することができるので誰もが使いやすいものとなっています。

ビタミンC誘導体について

790155ae7144c26cf552497025e858e5_s

ビタミンC誘導体の効果

ビタミンC誘導体は、美容には欠かす事のできないものとなってきています。抗酸化作用のあるビタミンCを効率良く肌に浸透させるためにできたのがビタミンC誘導体となります。 具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか?例えば、 シミ、くすみの改善 シワ、ハリのは改善 ニキビ跡の改善 と言ったことが期待されています。 どれをとっても肌の悩みとなっているものでしょう・・・
ビタミンC誘導体の効果